十勝ナチュラルチーズ物語について

十勝の大自然が育んだナチュラルチーズ

十勝は日本の3分の2を生産するナチュラルチーズ王国。雄大な自然のなかではぐくまれる乳牛。そのフレッシュな牛乳を原料に作った、チーズ工房こだわりの逸品と最新情報を紹介します。

十勝ナチュラルチーズ協議会とは

十勝ナチュラルチーズ協議会は、平成18年8月に十勝管内の12ナチュラ ルチーズ工房が集い結成されました。

十勝産ナチュラルチーズを地場の名産品・地域産業として発展させるために、会員相互の信頼を強めナチュラルチーズ作りの活動を活性化させることを会の目的としています。また、会員への技術指導、消費者へのPR活動、交流会なども行なっており、工房の生産者だけでなく、一般の消費者の方々も連絡協議会に参加しております。

十勝ナチュラルチーズ協議会 ごあいさつ

十勝産のナチュラルチーズを「地域の代表作」へ

林克彦会長

日本国内で生産されるナチュラルチーズは、日本全国の約9割が北海道で製造されており、さらに北海道の5割のナチュラルチーズがここ十勝で製造されていると言われております。

十勝のナチュラルチーズ生産量が多い理由は、十勝の肥沃な大地に住む乳牛たちが関係しています。広大で平坦な十勝平野は、乳牛を飼育するのに適しており、また青々と成長した牧草を存分に食べた牛やヤギたちのミルクは、栄養分をたくさん含んでいるからです。搾られた新鮮なミルクは、ナチュラルチーズにも当然むいており、また湿度の少ない爽やかな気候、寒暖差の激しい気温もナチュラルチーズ製造や管理に適しているのです。

現在十勝管内には15工房あり、そのうち12の工房がこのナチュラルチーズ協議会に加盟し、ナチュラルチーズ製造を通じ地域に貢献するために日々活動をしております。
作り手の思いが詰まった多くの種類の十勝産ナチュラルチーズは、近年、世界大会や国内でのコンテストで金賞をはじめ数々の賞を獲得するなど、目覚しく技とともに味も進化しております。

ぜひこのホームページをご覧いただき、十勝の各工房が製造する職人の匠の技や情熱を感じていただき、安心安全で美味しい十勝産のナチュラルチーズをぜひ召し上がっていただければ幸いです。

十勝ナチュラルチーズ協議会 会長 林 克彦

十勝ナチュラルチーズ協議会2009年度事業計画

  • チーズを楽しむ会&チーズ勉強会(一般向け)
  • チーズ工房巡りツアー・南十勝編(一般向け)
  • 新作チーズコンテスト・交流会in十勝ビール(一般向け)
  • ウェディングチーズのPR
  • 会員講師によるナチュラルチーズの製造実習(製造者向け)
  • 広報誌「チーズレター」の発行

一般会員募集

ナチュラルチーズが大好きなサポーターを募集しています。サポーターになるとチーズイベントや勉強会、チーツアーの案内、チーズレターが送られてきます。

年会費1000円、申込は名前・住所・電話番号を記入の上、0155-86-4715(大樹町地場産品研究センター・山岸)までFAXをお願いいたします。折り返しご連絡をいたします。

十勝ナチュラルチーズ協議会へのお問い合わせ

十勝ナチュラルチーズ協議会へのお問い合わせは下記へお願いいたします。

物産展情報

全国各地で物産展を開いています。物産展へのお問い合わせはこちらへ。

十勝ナチュラルチーズプロダクツ(LLP)

十勝ナチュラルチーズプロダクツ(LLP)は、共働学舎、鹿追チーズ工房、十勝野フロマージュ、NEEDS、ランラン・ファームの十勝管内5工房で構成されています。
主に、日本各地の物産展・催事に参加し、5工房のナチュラルチーズを販売しております。
生産者自らが、直接お客様に対応し販売することによりナチュラルチーズ(乳製品)を、より身近に感じていただきたいと思っています。

物産展関係者の皆様へ

物産展参加への依頼については、下記の電話、FAX、メールへご連絡お願いいたします。
物産展情報は、トピックスで随時更新していきますので、よろしくお願いいたします。

  • 住所 中川郡幕別町新和162-111 有限会社 NEEDS内
  • 電話 0155-57-2511
  • FAX 0155-57-2533
  • 有限責任事業組合 十勝ナチュラルチーズプロダクツ
  • 事務局 職務執行者 長田 正宏
  • 担当窓口 組合員  三浦 さなえ
  • トピックスを見る→