ミルクのメグミ 十勝ナチュラルチーズのご紹介

ナチュラルチーズは全部で6つのタイプに分かれます。ご紹介ののチーズをタイプ別に分けました!
好みのチーズが見つかるかも!

ナチュラルチーズのタイプ、白かびタイプ

表面が白いかびで覆われたチーズ。軟らかなタイプのなかでも、最も日本で人気が高いチーズです。圧倒的な人気を誇るカマンベールが白かびタイプの代名詞のようになっています。丸型でカマンベールよりも薄く、直径が2倍以上あるブリも代表的。カットされて市販されています。ともにクセが少なく、食べやすいチーズです。
熟成は外側から中心に向かって進み、若いうちは中央部に芯があります。完熟するととろりと流れ出すほど軟らかくクリーミーになります。あまり古くなると、苦味が出ます。

中札内カマンベール/十勝野フロマージュ
十勝野フロマージュ
中札内カマンベール

おいしいカマンベール/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
おいしいカマンベール

ブリーチーズ/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
ブリーチーズ

ハートのかたちのフロマージュ/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
ハートのかたちのフロマージュ

ビーンズカマンベール/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
ビーンズカマンベール

オンネトーブルー/エーデルケーゼ館

エーデルケーゼ館
オンネトーブルー

足寄/エーデルケーゼ館

エーデルケーゼ館
足寄

笹ゆき/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
笹ゆき

雪/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場

     

ナチュラルチーズのタイプ、青かびタイプ

ブルーチーズと一般に呼ばれるものです。固めたカード(凝乳)や牛乳そのものに青かびを植え付けて熟成させます。輸入チーズでは、ロックフォール、ゴルゴンゾーラ、スティルトンが世界3大ブルーとして知られています。刺激的な青かびの味と匂いの強さが特徴。塩分が強めなのでドレッシングやソースにしてもマッチします。甘口のワインやドライフルーツとの取り合わせも、美味しさを引き立たせます。
青かびが均等に入っているものがおいしく、光に弱いためアルミホイルにくるんでの保存がお勧めです。

ナチュラルチーズのタイプ、非熟成(フレッシュ)タイプ

原料のミルクを乳酸菌や酵素で固めて、水を切っただけで出来上がるのがフレッシュチーズ。すべてのチーズ製造の最初の工程でできる状態のものです。水分が多く、さわやかな風味やほのかな酸味や特徴。クリームチーズやカッテージチーズに加えて、イタリア料理の普及に合わせてモッツアレラ、マスカルポーネも消費量が増えています。
ヨーグルトのようにクリーミーでさわやかなフロマージュ・ブランなども、鮮度がポイントなので早めに食べるといいでしょう。

クリームチーズ/共働学舎新得農場
共働学舎新得農場
クリームチーズ

フロマージュブラン/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
フロマージュブラン

モッツアレラチーズ/鹿追チーズ工房

鹿追チーズ工房
モッツアレラチーズ

サンプル

エーデルケーゼ館
モッツアレラ わさび

モッツアレラチーズ水入りタイプ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
モッツアレラチーズ水入りタイプ

モッツアレラチーズさけるタイプ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
モッツアレラチーズさけるタイプ

カチョカバロ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
カチョカバロ

クリームチーズ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
クリームチーズ

     

ナチュラルチーズのタイプ、ウォッシュタイプ

チーズの熟成過程で、表面を塩水やブランデー、地酒で何度も洗うタイプのチーズ。「洗う」ことで各種の雑菌からチーズを守り、塩分を浸透させたり、独特の風味付けをしたりする効果があります。
洗う液体の種類や回数がチーズの個性を作り上げます。 外皮がしっとりとしていて艶があるものがよく、匂いは強いものの味わいがやさしくコクがあるのが特徴。力強いワインに合います。ウォッシュしたお酒にマッチするお酒との取り合わせも面白く、通好みのチーズです。

とかち野ウォッシュチーズ/十勝野フロマージュ
十勝野フロマージュ
とかち野ウォッシュチーズ

フラクレット/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
ラクレット

森の香/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
森の香

フラクレット/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
森のカムイ

   

ナチュラルチーズのタイプ、シェーブルタイプ

フランス語でヤギ乳製チーズのこと。ヤギ独特の匂いを敬遠する人もいますが、各熟成段階でさまざまな味を楽しめるのが特徴です。若々しいときには酸味がありクリーミー、熟成するに従い酸味が和らぎ、特有の風味が加わってコクやうま味が増します。春から夏が旬。球形やピラミッド型、円柱形など小さくてユニークな形で、灰や炭をまぶしたものなどバラエティに富んでいます。きめ細かで真っ白く、低カロリーでタウリンは牛乳の20倍、カルシウムは1.2倍と滋養もすぐれています。

メ~メ~チーズ フレッシュ/十勝千年の森
十勝千年の森
メ~メ~チーズ フレッシュ

十勝シェーブル/十勝千年の森

十勝千年の森
十勝シェーブル

十勝シェーブル(炭)/十勝千年の森

十勝千年の森
十勝シェーブル(炭)

     

加熱・非加熱圧縮タイプ

カード(凝乳)を加熱、あるいは加熱しないでプレスして水分を抜くチーズ。セミハードやハードなどの種類があります。大型で保存性がよく、熟成させるほどにうま味が増すものが多いのが特徴。
主にヨーロッパの山ろく地帯で作られることから「山のチーズ」とも呼ばれ、グリュイエールやエメンタールなど何十キロもの大きな円盤状の塊で熟成されます。長期保存が可能です。パルミジャーノ・レッジャーノなどは粉チーズとしても知られており、グラタンなど加熱する料理に使われます。ゴーダやラクレットなどもこのタイプです。

レラ・へ・ミンタル/共働学舎新得農場
共働学舎新得農場
レラ・へ・ミンタル

シンコトル/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
シンコト

ラクレット/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
ラクレット

槲/NEEDS槲館

NEEDS槲館

大地のほっぺ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
大地のほっぺ

足寄ゴーダ/エーデルケーゼ館

エーデルケーゼ館
足寄ゴーダ

ゴーダチーズ/鹿追チーズ工房
鹿追チーズ工房
ゴーダチーズ

チェダーチーズ/鹿追チーズ工房

鹿追チーズ工房
チェダーチーズ

酪佳
さらべつチーズ工房
酪佳